木枠梱包の様子

①木枠を用意し、製品を変形させないよう、注意しながら木枠に詰めていきます。

②製品を詰め、上部も木枠で囲みます。

③木枠にストレッチフィルムを巻いて完了です。

木箱梱包の様子

①木箱を用意します。

②ひとつひとつ丁寧に並べ、注意しながら木箱に詰めていきます。

③箱の上から蓋をします。

④梱包がきちんとできていることを確認して完成です。

ダンボール梱包の様子

①個装した段ボールを積み上げる。

②胴枠をかぶせる。

③フタをしPPバンドでさらに固定して完了です。

強化ダンボール梱包の様子

①強化ダンボールを組み立て、製品を梱包していきます。

②強化ダンボールに蓋をします。

③ガムテープに加え、鉄帯を巻きつけ固定します。

④ビニールで梱包して完成です。

商品組み立ての様子

 ①組み立てる部品を用意します。

②作り方の手順に従い、組み立てていきます。

③完成したら、そのまま保管するか、別の箱に入れて保管します。

小分け作業の様子

①小分けにする金具を準備します。

②製品を所定の量ごと取り出して分けていきます。

③分けた製品を袋に封入していきます。

④はかりで重さを確認して完了です。

裁断作業の様子

①裁断するホースを裁断機にセットします。

②スイッチを入れて、裁断します。

③長さを確認し、完成です。

良品・不良品検品の様子

①製品の表面部分を見ていきます。

②角度や向きを変え、欠陥がないか見ていきます。

作動検品の様子

①製品を用意します。

②1つ1つのつながりを確認していきます。

③つなぎ目の確認が終われば、実際に作動するか検査していきます。

混入検品の様子

①製品の入った箱の中全体を見渡し、欠陥のある製品がないか見ていきます。

②手で製品をかき分け、欠陥のある製品を見ていきます。

開梱検品の様子

①輸送されてきたダンボールを開梱します。

②中に入っていた製品を1つ1つ取り出し、欠陥がないか確認します。